太刀山美樹オフィシャルサイト

  • Search
  • Menu

シニアのデジタルライフの一歩に 〜ネットとリアルで交流してます〜 

2019-05-29 07:49:29グランチア for 50代からの人生

グランチアでは、月2回にみなさんでお顔を合わせてのリアルなレッスンと、ネットでのおうちで練習タイムをおこなっています。

なぜそうしたのか。。

私には、印象的な言葉があります
10年続けてきたシニア向け運動クラスで、たまたま、チアのポンポンを持ってみると、参加者のつぶやきが聞こえました。

「あ〜楽しかった。人とこんなに声を出し笑って、体を動かしたのは久しぶり。私、家では電子レンジとしか喋らないの・・・」

一人暮らしの方でした。
<電子レンジとしか喋らない>この言葉がキーワードとして心に広がりました。
img_talkword_01 
 (参考写真: 最新ヘルシオおしゃべり機能 )

この言葉はどういうことだろう・・・
そこで、私はフィールドリサーチでいろんな方に、インタビューへ。(最初にインタビューしたのが、現在、グランチア キャプテンのもみじさん。)

そこでわかったのは、大きく2つでした。

1)不安
 ・今さら面倒くさそうな人間関係も嫌だけど、『孤独』も不安。
 ・このまま老いて人生をとじていくのか。
 ・健康面への不安
 
2)忙しい
 ・介護・孫育て・仕事や地域活動・趣味など

TSU16022820_TP_V

そこで、私たちは、グランチアをリアルとネットでの交流で、試行錯誤しながらスタートさせていきました。

1)『不安』の解消に
 ・前向きな仲間
 ・新たな人生のチャレンジ
 ・とにかく楽しい。カラダも心もスッキリ。
 ・社会への役立ち感(地域を盛りあげる=孫の世代まで元気に)

 (グランチアで、再チャレンジするメンバーを応援に)

2)『忙しい』の解消に
 ・リアルとネットでレッスンを楽しむ
 ・好きな参加の仕方を選ぶ (レッスン以外の、イベントや野外公演も好きな時に参加)

グランチアきっかけで、スマホやパソコンを使い始め、検索やSNSも使って新たな交流を楽しんでいるかたもいます。

そこで先日は、グランチアメンバーと一緒に、西南大学での学びへ、第1回デジタル活用共生社会シンポジウムに参加してきました
2019-05-24 18-26-03
 (デジタル活用とか私たちにわかるやろうか・・・ドキドキ)
2019-05-24 20-07-48
 (あ、意外と年齢層が高い、90代の参加者も・・・)
総務省の情報通信流通振興課 犬童課長の基調講演では、
電話の普及に80年、かたやスマホは3年だった。IOTセンサーの小型、軽量化で技術の流れは避けられないし、うまく使っていけば生活家電やスマートホームで便利になる。
例えば、人の習慣まで覚えて、起きたらコーヒーができている。遠隔で孫がおじいちゃんにお酒のお酌ができる。お墓に生前の動画が出てきて呼びかける
今後、デジタル活用支援員、シニアがシニアを支えて欲しい。
IMG_3549
 (「さっきのお話ですけど・・」と 質問も熱心に)
そこで、「長寿を心から喜べる未来」のために福岡市が取り組んでいるのは【福岡100】や、先進的におこなっている地域や団体の事例がでてきました
2019-05-24 20-41-56


印象的な言葉は IosJ 牧代表
・ピチピチシニアが、孤独シニアのニーズを拾う。
・未来のことを語るシニア(新しいことチャレンジしている話は聞いてて面白い)

これはまさに、グランチアメンバーさんの姿お一人お一人が浮かびます。

また、こんなかたも私の頭の中に、浮かびました
〜〜〜〜〜〜〜
「シニアのみなさん、デジタルライフを始めましょう」と語る、最高齢プログラマーの若宮正子さん
親の介護とおしゃべりを続けるために、ICT パソコンで世界をえた若宮正子さん。「人生60過ぎると面白くなる」と聞くが70、80はどうなるの?
手芸の延長線上にエクセルでアートし、日本古来の文様をエクセルで表現する
この 『創意と工夫と遊び心』 が大事だと・・・

私たち グランチアも、そうありたいと思いました 
実はグランチアは、グランハブ事業のひとつの手段。
若宮さんの『創意と工夫と遊び心』 の言葉を胸に、今日も活動開始します

こちらのグループで、伴さんが若宮正子さんの他の映像や、情報を紹介されてます

Page top