太刀山美樹オフィシャルサイト

  • Search
  • Menu

鬼 なにごとのおはしますか知らねども・・・

2019-02-03 21:00:49学んだこと

本日は節分「鬼は外」
みきなまはげ
このマダム(山本美千子さん)に撮られた一枚の写真がきっかけで 

なまはげ伝道師になった太刀山美樹です 
t02200293_0540072012275432536

t02200165_0800060012325298289
そのころの話はこちらから 

先日、自分の博多阪急のクラスでも、節分に合わせて、
子ども達に日本の文化として、なまはげを紹介しました 

実は
ユネスコ無形文化遺産に登録されたナマハゲは 鬼ではありません
地元ではなまはげさんと呼ばれる、「来訪神」神様なのです。

なまはげの名前の由来
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なまはげとは、寒い地方で働かず、じっと囲炉裏に当たっているとできるという「なもみ」をはぎとってくれる、神さま。脅かすためではなく怠け心を剥ぎ取るために刃物を持っています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なまはげで子どもの前に立った時には、必ず保護者にその意味を伝えています

また鬼も、神さまとして敬っている地域もあるようで、以前訪れてブログに書いた
六郷満山の文殊仙寺も、その一つでした
IMG_8994

実は鬼も神様も 身近にいて見守ってもらっている・・
そう思ったら、ふと頭に浮かんだのは、この歌

『なにごとのおはしますか知らねども かたじけなさに涙こぼるる』 西行

八百万の神。空の上の父や家族。実家では、年の暮れのお餅を、台所や、勉強机、農機具にも飾ります
アニミズム この日本独自の考え方もいいなと思っています

この西行の歌は、
 目には見えないけれど、何かがいつもそばで見守ってくれている。
 そう思うだけで、涙がこぼれるほどありがたい。
ということなんだなとふと思いました

「畏敬の念」畏れ敬う 何か子供達に伝わったらいいなと思いました

節分の日に ふと思いました
鬼は外 福は内

Page top