太刀山美樹オフィシャルサイト

  • Search
  • Menu

0歳児赤ちゃんの最初の言葉、じいじ!ガックリしないで

2018-05-10 08:17:080歳児 

赤ちゃんがいるご家庭はいろんな感動がありますが、初めて話す言葉、気になりませんか?
「自分のこと呼んだと思った瞬間は、ウルッとしました…」と、よく私は教室で聞きます。

MIKI・ファニットでは0歳、1歳、2歳と、各年齢の体づくりの基礎を学ぶ親子ファニット(運動系リトミック)があります。私は25年間、1万6千回この仕事をする中で、ここがスタート、人生の根っこづくりの場として大切にしています。(私自身も、博多阪急クラスを担当しています)

IMG_5870 

赤ちゃんが生まれると、一気に家族のアイドル!!
家族の皆さんの感動の時が、いろんな初めての時がやってきます。
 ・ニッコリした
 ・顔を向けた
 ・寝返りできた
 ・ズリバイで前に進んだ ・・・などなど

そしてさらに感動の瞬間がやってきます

それは!!

「ま…ま…」と喃語が出だした瞬間です
家族がそれぞれ、「私のことを言っている!?」と感じるもの。
例えば、「ママ」「パパ」「ばあば」と、「うわ〜私のことを言った。言った!!」 と、家族の顔がほころんでいる中、ひとり険しい顔の方が。

そうです「じいじ」
「じいじ」は、初め赤ちゃんの口から出てこないもの。
それはなぜかというと「じいじ」は、発音の仕方が違うのだそうです

「ママ」「パパ」「ばあば」、つまり、ま行、ぱ行、ば行は、言葉を出すときに、口の形と唇の動きが同じです。
一度唇を閉じて、離れる瞬間に一気に空気を出す音。
だから、まだ歯が生え揃わない時期でも、唇の動きだけで発音できる音なのです。
(息を出す場所は少し違っていて、ま行は息が鼻から『鼻音』、ぱ行とば行は口からでる『破裂音』)

ところが「じいじ」は、ちょっと違っています。
口をしっかり横に広げて、前歯の裏側にしっかり息を当てないと出てこない音。
つまりはがしっかり生えていないと出てこない音ということ。

おじいちゃん、ご安心ください!
決しておじいちゃんをスルーしてるわけではなく、赤ちゃんの発育発達のせいなのです。


IMG_5872 


ちなみに滑舌の先生から、ま行を鍛える言葉を教えてもらったことがあります。
・右目右耳右耳右目
・ママの真似事を気ままにできるマミちゃん
・桃とすももの違いは、百田桃子さんが詳しいと言い張る桃井百恵さん

練習しながら、百田さんと桃井さんの顔を勝手に想像して、思わずニッコリしちゃった太刀山美樹でした。

MIKI・ファニット 親子ファニットはこちらから

Page top