太刀山美樹オフィシャルサイト

  • Search
  • Menu

60歳でアメリカ留学!生きがいはなくていい

2018-03-03 19:34:02グランチア for 50代からの人生

60歳でアメリカ留学!生きがいはなくていい

86歳チアリーダー
私たちグランチア メンバーの憧れの方、ジャパンポンポンの滝野さんにお会いしてきました。
「滝野さんに会いたい」のみんなの気持ちを直談判に!

86歳チアリーダー
写真は会長滝野さんと事務局の木村さん

幕張メッセで見た、全日本チア大会USA2017でのジャパンポンポンのステージは会場みんなが震えました。
また、日経新聞や、BBC放送の出演もみてた私。ダメ元でお願いして、うかがってしまいました。

どんなかたかというと…
【滝野文恵/たきの・ふみえ】
1932(昭和7)年、広島県福山市生まれ。関西学院大学を卒業後、1年間、アメリカへ留学。25歳で結婚。1男1女をもうける。53歳でアメリカ・ノーステキサス大学へ留学し、56歳で老年学修士号を取得。
帰国後、63歳でシニアチアダンスチーム「ジャパンポンポン」を設立。平均年齢71歳、24人のグループ内の最年長で、現在もステージに立つ。

そのような方と、ランチをご一緒できることに!

そんな中、印象に残ったのは、生きがいについて
滝野さん曰く、「『生きがいはなに?』とよく人から聞かれるけど、生きがいなんて、いらないのよ。
したいことをして楽しく日々を過ごして一生終えられるなら、それでいいとおもってるの」

その言葉通り、お昼のメニューは、
お肉にコーラ!!
「好きなもの食べて飲んで、好きなことすればいいのよ」と歯切れいいんです
シニアチア
この笑い方も素敵です

インタビューでまとめられてる ゆうゆうには、さらにこう書かれていました。

一方で虚しさもつきまとっている。自分のいろいろな面を受け入れ、満ち足りないことも、文句を言いたくなることもすべてひっくるめて、いまここにいることに感謝する気持ちを大切にしたい

ジャパンポンポンのホームページ http://japanpompom.com/
AF3EA28F-0707-4F28-9DFB-DE552321AACB
取材された記事はこちらも

また練習にも参加させていただきました。
私は、練習にも一部参加を許可いただき入りました。
まず驚いたのは、その気合いのはいり方です。
みなさまに失礼にならないようにと、私が30分前に体育館にいくと、なんとすでに、みなさん自主練中。
指導の先生が来られる前にと、全員でフォーメーションの確認中でした。また家での復習用にと、各自の練習を撮影するビデオカメラ10台ほど三脚に乗せられてます。
ランチの時、会長がニッコリしながら
「ビデオで撮っても、すぐ忘れちゃうけどね〜(笑)」
練習がはじまっても、みなさんのその真剣ぶりが圧巻です。

メンバーは24人。静岡や茨城と往復5時間近くかけてくる人も。100人余りが入会を希望しまつ。1年に一度だけオーディションがあり昨年は6人合格。(体調などで、途中で辞めるかたもあったそうです)
 チームの目標は、5年毎のチャリティーショー。
24人のメンバーで10数曲の演目がある発表会。いったい何曲出演されるのかと聞いてみると、みなさん頑張る方が多いので、一人につき7曲までと定めたとのこと。
7曲覚えるって大変です!!

「ふりが間に合わない」と話してらしたのは、次の2020年のチャリティショーのことだそうです。だから一生懸命だけど、すご〜く楽しんでらっしゃるのがよくわかります。

それぞれいろんな人がいればいいじやない
私たちの楽しみ方は23年やってきて、こうなったのよ。と、
人生の楽しみ方も人それぞれ

太刀山美樹、顔を洗って出直します
滝野会長、またうかがせてください

 

Page top