太刀山美樹オフィシャルサイト

  • Search
  • Menu

生後11ヶ月での安楽死 〜イギリス〜

2017-07-30 00:03:55教育トピックス

気になるニュースをみつけました。

昨日、11ヶ月の赤ちゃんがなくなったと…
スクリーンショット 2017-07-30 0.01.16

チャーリー・ガード(2016年8月4日〜2017年7月28日)は、

息切れに必要な筋肉を含む進行性の脳損傷と筋肉障害を引き起こすミトコンドリアDNA枯渇症候群として知られている稀な遺伝病で生まれたロンドンのベッドフォンの英国少年であった。幼児期には治療はなく、死に至る。

彼の両親、クリス・ガードとコニー・イェイツは、彼が呼吸に困っていたために2016年10月に彼をグレート・オーモンド・ストリート病院(GOSH)に連れて行き、機械的な換気をした。彼の状態は悪化し続け、遺伝的状態は11月に診断された。医療チームと両親は最初に実験的治療を試みることに同意したが、1月に脳梗塞を発症した発作後、GOSHは無益であると感じて治療を試みることを支持しなかった。苦しみ。医療チームは、生命の援助を撤回し、緩和ケアを進めることが最大の利益であると考え、

この不一致により一連の訴訟が起こった。裁判所は一貫してGOSHの立場を支持し、両親は最終的に彼らの挑戦を辞退し、生活支援を撤回することに同意した。7月27日にホスピスに移されるべきであると判決した子供を死なせる方法についてもう1件の裁判がありました。その日、彼は専門の子供のホスピスに移され、翌日、機械換気が取り消され、11ヵ月で亡くなりました。

詳細は、
wikipedia

チャーリーズの戦い

 

自分自身のことだったら、子どもには静かにそのままにと頼みたい

でも、自分の家族におこったら… できるだろうか?
可能性がすこしでもあれば、やはり一日でも長くとおもう

でも、本当に苦しそうな姿を目の前で見たら…

たしかに、家族で何が大事かをはなしていくだろう

 

 

 

 

 

 

Page top